つらつらと。

わくわく楽しく生きたい。ただそれだけで幸せ。つらつらと毎日を綴ります。

igA血管炎にて入院

5歳の娘、1週間前からいろいろな症状が出ていてなんだろうと気になっていた。

 

  • 夜突然左足を引きずる→翌朝治る
  • 夕方突然左手が腫れ握れない→翌朝握れ手のひら内出血→さらに翌日治る
  • 夕方から左足裏をかばう→夜踏ん張れない→翌日はなるべく歩かないよう過ごす→夜くるぶしが腫れ触れるだけでピリピリ痛む→翌朝治る
  • ゴムボールを握って遊んだ後、両手が腫れ痛む
  • 両太腿に紫斑
  • 両足に内出血
  • 両足に赤い点々

 

一度かかりつけの小児科を受診した時は、成長痛と打撲との診断だったけど、これは、と再度受診し、簡易血液検査。白血球も血小板も数値に異常はなし。川崎病の症状だなぁとのこと。

 

大きな病院に紹介状を書いてもらい受診。所見でigA血管炎との診断。血液検査と尿検査。安静が必要とのことでそのまま入院になった。

 

娘はは血液検査、点滴、入院という目の前の痛いこと初めてのことにパニック。血管の周りも腫れているから針が血管に行き着かなくて何度も痛い思いをした様子。頑張った。病室に入った頃にはご機嫌になっていた。お母さんとお泊りって。

仕事はなんとか調整をつけてそのまま付き添いで泊まり込み。

幸い紫斑と浮腫は酷くなっておらず、ステロイドは使わないまま3日目だけれど、昨夜あたりから腹痛を訴え出し、ガスが溜まっているのか、病気によるものかもわからないから、レントゲン撮影をした。